日経SYSTEMS 2014 11月号 プロジェクト失敗を繰り返さない、振り返り

プロジェクトの失敗を繰り返さないために、プロジェクト終了後どのような振り返りを実施すべきかという特集を読みました。

まず、振り返りを失敗する三つの要因があります。

1)断片的な情報を基に分析
 プロジェクトの状況認識が関係者内で異なっている。
 失敗したことに対して、全体像を明確に捉えることができていない。

2)他者への責任転嫁
 コントロールできない要素を根本原因としている。
  例:「ツールを十分使いこなせる人がいなかった」
    ⇒「ツールを使いこなす準備をしなかった」
  ※リーダーが主語となるような判断/行動の問題箇所を特定する必要がある

3)表面的な分析
 原因を打ち消すような原因分析では不十分。原因を掘り下げる必要がある。

振り返りの失敗は本質を突いたものにしなければ同様の失敗を防げないし、
間違った教訓やノウハウはマイナスに働く可能性があると思います。

上記のように振り返りを失敗しないための手法として、6つのステップが紹介されていました。

STEP1:失敗の定義
 「失敗とは何か」を定義する。※あいまいにしない!

STEP2:失敗事象の特定
 定義した失敗に対し、どのような事象が発生したかを明確にする。

STEP3:失敗に至る経緯の整理
 事実の把握を行うこと!
 プロジェクトに対する参加者の認識相違をなくすため、経緯を整理する。

STEP4:直接的原因の特定
 「成功と失敗の分岐点」を考える。
 軌道修正できなかった視点で考える。
 被害を最小限に抑えるためにはどのような手法が打てたかという視点で考える。

STEP5:動機的原因の特定
 直接的原因の判断や行動の原因を探る。

STEP6:再発防止策の検討
 レビュープロセスなど組織としての業務プロセス改善につながるものと、
 アクティビティーに対する敬称に関する観点で洗い出す。

紹介されていた内容に関しては、完璧ではないですが
身についているしできていると思いました。
失敗はしてしまうものですが、失敗を起こしてしまった直後でも、
被害を最小限に抑えるためにはどう行動すべきかを考え行動したいと思います。

おしぼり人形×知っとこ!

11/27(木) YCCにテレビ局の取材クルーが!

オセロ松嶋・柳原可奈子MCの「知っとこ!」。全国区です。

お目当ては、モチのロンで中村会長のおしぼり人形。

どんなコラボになっているのか。いや~ 今週の土曜日が楽しみだな~。

【日時】 12/6(土) 朝8:00-9:25

【CH】 RKB毎日放送(福岡4ch)

お見逃しなく!

 

古里社長への取材風景です。

会長の取材風景は撮れなかったので、ONAIRでお楽しみください!

知っとこ!② 知っとこ!①

私もエキストラとして数秒撮っていただきました・・・・・カットしないでくれ!!

日経NETWORK 10月号 VLAN 一子相伝

ネットワークにおいて基本となる「VLAN」について解説していく。

■Part.1 VLANの役割を知るには礎となるLANから始めよ!
・LANとは「ARP(ブロードキャスト通信)が届く範囲」のことである。
・すなわち、LANでの通信はMACアドレスを宛先にして行い、宛先のMACアドレスを調べるためにはARPを使用するため、このARPが届く範囲がLANで通信可能な範囲である。
・LANの範囲は「ブロードキャストドメイン」であり、ブロードキャストドメインとは「ブロードキャスト通信」が届く範囲を指す。
・ブロードキャストドメインは「セグメント」とも呼ばれ、大企業等のネットワークではLANの範囲をいくつかのセグメントに分割して構成している。
・このようなLANを複数のセグメントに分割する技術のことをVLANと呼ぶ。
・VLANを使ってLANを分割する理由の1つは、ネットワーク運用上のトラブルを回避するためで、ブロードキャスト通信が届く範囲が広いと、ブロードキャストストームが発生したときに影響する範囲が広くなってしまう。
・そのため、VLANを使ってセグメントを分割することで、被害の範囲を狭く抑えることができる。

■Part.2 VLANの「方式と仕組み」を知れ!設定時は「ポート種別」に注意
・VLANには主に「ポートVLAN」と「タグVLAN」の2つの方式が頻繁に使用される。
・「ポートVLAN」とは、LANスイッチの物理ポートごとにVLANを設定する方式であり、同じVLAN番号を設定した物理ポート同士であれば、同じVLANとなる。
・ポートVLANは「1つの物理ポートは、1つのポートVLANにしか所属できない」という制限があり、LANスイッチが1台しかないネットワークであれば何の問題もないが、複数台のLANスイッチを使用する場合、配線が複雑になり管理や運用が難しくなる。
・「タグVLAN」とは、端末が送りだしたフレームに、LANスイッチがVLANタグを付ける仕組みであり、1つの物理ポートを複数のVLANに所属させられ、同じLANケーブルを流れていても、どのフレームがどのVLANに所属しているかを識別することができる。
・ただし、1つのポートに複数のVLANで送受信されるフレームが流れるため、これらのVLAN内で流れるトラフィックを考慮する帯域設計や経路障害に対する冗長設計も考慮しなければならない。

■Part.3 VLANとサブネットの関連付けでイーサネットとIPを理解しろ!
・異なるセグメント間の通信を可能にする機器がルーターであり、ルーティング機能を持つLANスイッチのことをレイヤー3(L3)スイッチと呼び、レイヤー2スイッチと区別する。
・VLAN1のパソコンAからVLAN2のパソコンBに通信するときのフレームの流れを以下に示す
 ①パソコンAからパソコンBに向けたフレームがデフォルトゲートウェイであるルーターに向かう。
 ②ルーターはルーティングテーブルを参照して、フレームのヘッダ情報を書き換え、宛先として該当する物理ポートへフレームを送る。
 ③ルーターでIPを介在させたので、パソコンBにフレームが届く。
・各フレームがセグメントを超えられる理由は、ルーターが持つルーティングテーブルにあり、LANスイッチが認識している「VLAN」と、ルーターが認識している「サブネット」が対になっている必要がある。

■Part.4 その役割を果たしながらあらゆる場所にVLANはある!
・VLANには利用目的として、「セグメントを分割する」ことに主眼があったが、最近では「増やす」、「差し替える」、「自動化する」といった新たな特徴が加わっている。
・複数のユーザ企業から広域イーサネット網に大量に流れてくるタグVLANは1つのLAN上に4094個までしか作成できないため、VLANの数を「増やす」ための工夫として、「拡張タグフレーム」を利用する。
・データセンターが提供する「コロケーション」と呼ばれるサービスでもVLANは利用され、ここではユーザのVLAN IDを「差し替える」技術が使われている。
・仮想サーバが別の物理サーバに移動した際に、VLAN設定を自動的に反映する「AMPP」と呼ばれる技術が使用されている。

ネットワークという世界において、LANについては触れる機会が今までたくさんあったが、VLANについて触れる機会があまりなかったが、VLANの概要や目的などを理解することができた。
情報技術の世界では進歩のスピードがとても速いため、新しいことが次々と登場してくることが予測される。
VLANといった仮想技術の最先端の場でも、どのような技術が存在し、今後どのような技術が登場してくるのかについて、目を向けてみたいと思った。